FC2ブログ
2018. 05. 27  
3年前手にした本・・寮美千子氏の
『空が青いから白をえらんだのです 
        ~奈良少年刑務所詩集』

仙台で少年院の子どもたちの支援をしているNPOロージーベルさん
10周年の記念行事でその寮氏の講演があると知り、仙台へ。
   (2015年読後のブログはこちら

移住先を奈良にしたこと、講師になるいきさつ等、
全て組み込まれていたのではと思わされる。
少年刑務所の所長さんを始め、職員の皆さん、
そして町の皆さんも見守っていてくださるという有難い環境。
寮氏の『ただ受け止める』ことが少年の心に響いていく。

加害者となって少年刑務所に収容されたけれど、
彼等もまた被害者である。心優しき少年なのだ。
生きていくために、重い鎧を纏っている。

しかし、そんな過酷な経験をしている彼らが、
詩の朗読で拍手をもらったただそれだけで嬉しくて
鎧が軽くなっていく。
情景、感情が伝わってきて、私も嬉しくなった♪

寮氏は、詩をみんなで声に出して読むことで
【場の力】【座の力】が働いたと仰る。

悪いことをしたら罰を与える・・一辺倒ではなく、
更生に向けての教育が大切である。
教育を受けられなかった子ども達が多いのだから。

『変わるのではない、元の自分に戻るんだ』

本を読んだ時も思ったが、寮氏が関わってくださって
少年たちが自立出来たことに感謝したい。
そして、各地でまだ押さえつけられるだけの少年たちも
自立の機会を得られることを切に願う。

DSCN1839.jpg
 サインいただいちゃいました(^^)

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
出会いの妙
NEW Topics
人と人の繋がり
新そばまつり
PRブースにて
ゲストティーチャー
人形劇
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

niko2smile39

Author:niko2smile39
☆苦しんでいる方々が笑顔を取り戻すお手伝いをさせていただきたい☆


子供が2歳半から一人親として必死に走り続けてきました。
どん底も経験しました
でも、神様は越えられない試練は与えない!と奮起して、皆様の愛に支えられて今日まできました。

一度に大勢ではなく、個々人と『愛』を持って大切に接していきたいと思っています。
苦しみを抱えた方々の、乗り越えた後の笑顔を見ることは、この上ない喜びです。

震災2か月前に関東圏から仙台に移住し7年、更に2018.4青森県三戸町に辿り着きました♪

虐待や親との確執に苦しむ子供たちの拠り所となる場を作りたいと思っています。
子供達が輝いて生きていけますように。

web site:『笑顔が一番♪』
http://niko2smile39.wix.com/lastleaf

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR