2017. 12. 13  
移住先地域を変更するにあたって、10月からリサーチしていた。
どの地域が傷ついた子どもたちを受入れてくれるか・・
広島の友人が山口県はどう?と助言してくれた。

イメージしてみたら・・いいかもしれない!と
早速空家情報を当たる。
沢山の候補の中から2地域で各2物件に絞り、交通手段の確保と
回る順番などあれこれ考えて、コンタクトを取り、
全工程が決まったのが11月半ば過ぎ。
飛行機の安い日を選んで予定を組み立てた。

12/8昼のバスが安いので有給を取りまず東京へ。
泊めていただくのは沼津の癒しの家・楽喜。日吉邸
いつもおいしい手料理と癒しの空間で、
死んだように眠れる(^^)v

翌朝、多分買う店もないだろう路線なので
愛情たっぷりのおにぎりを作っていただきいざ羽田へ。
20171209⑤

20171209②

萩・石見空港到着と益田駅までの連絡バスの時間差が20分
果たして大丈夫だろうか?と心配してたけど
いやはや小さな空港で、10分以上待ったかな(^^;

駅に着くと萩行きの電車待ち。
1両の小さな電車。ここでおにぎりを食べてお腹を満たす。

目的の駅について、萩市の担当者が2件回ってくれた。
彼女も移住組で、お子さんの学校や教育論で盛り上がる。
ちょっと気にされていることも話されたので、大丈夫だと
励まして差し上げ、終了。

電車の時刻は2時間後。閉まらない扉を気にしつつ、
待合室で持ってきた東野圭吾氏の本を読む。
小説に入り込んだお陰で、何とか2時間を過ごし
益田駅で45分の待ち時間に唯一近い飲食店で食事をし、
明日の朝の分をテイクアウトして、津和野へ

素泊まりのゲストハウス。車で5分 徒歩28分との案内
もう日がとっぷり暮れていて、タクシーさえいない。
元から歩くつもりだったので歩き出した。

ところが暗いからか、曲がる場所を通り越してしまったのに
気付かず、だからなかなか着かない。
先は明かりが少ない・・ので警察署に戻り
道案内をしていただき、結局1時間もさ迷ってやっと到着

・・しかしフロントに人がいない。
チャイムを鳴らしても シ~ン・・
仕方ないので電話してみると、「今日ですか?」と
行き辺りばったりで来たと思ったのか・・
いぶかしげな声で、「15分後に行きます」と
そこからまた15分待ちやっとお出まし。

フロントで一番上に私の予約の用紙が。
やっと宿主の確認不足だったことがわかったみたい。

お詫びに翌朝駅まで送りますよと。
津和野の街並みをゆっくり見ていきたかったけど、
楽な方を選んでしまった(^^; 

今回、萩にも寄れなかったし、津和野も夜の薄明かりで見ただけ。
観光できなかったのがちょっと心残り。

SLやまぐち とすれ違ったし、この風景を見れたから良しとしよう♪
D51.jpg
 ↑これは展示のD51
津和野駅より
 ↑津和野駅より

つづく



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
山口・広島の旅 後編
NEW Topics
強さと優しさ
町案内・・山編
住めば都
無事荷物が新居へ
新生活
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

niko2smile39

Author:niko2smile39
☆苦しんでいる方々が笑顔を取り戻すお手伝いをさせていただきたい☆


子供が2歳半から一人親として必死に走り続けてきました。
どん底も経験しました
でも、神様は越えられない試練は与えない!と奮起して、皆様の愛に支えられて今日まできました。

一度に大勢ではなく、個々人と『愛』を持って大切に接していきたいと思っています。
苦しみを抱えた方々の、乗り越えた後の笑顔を見ることは、この上ない喜びです。

震災2か月前に関東圏から仙台に移住し7年、更に2018.4青森県三戸町に辿り着きました♪

虐待や親との確執に苦しむ子供たちの拠り所となる場を作りたいと思っています。
子供達が輝いて生きていけますように。

web site:『笑顔が一番♪』
http://niko2smile39.wix.com/lastleaf

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR