2017. 04. 04  
前回連れて行っていただいた えんがわ茶屋やまびこ さん
突然商談になり、待っていた間、手作りケーキやコーヒーなど
出していただいたので、お礼しなくちゃと出掛けた。

バイトの制服も返すのでその袋やリサイクルBOXに入れるものとか
たくさん抱えて車に乗った。
ところがあろうことか、そのお礼の品を入れた手提げだけ
置いてきてしまったようだ・・・ショック!!
もう来てしまったので、お邪魔した。

ご主人が切り出した木がふんだんに使われていて、
ご夫婦の温かい氣に満ち溢れた空間は、心地いい♪

前回はご主人に、職歴から先を読み取り転身の見事さを伺った。
今日は奥様とお話させていただいた。

数年間の苦しかった日々を吐露された。
壮絶だったと思う。
しかし、こうして話してくださったのは、明るい兆しが見えたから。
苦しんだ果ての喜びは、何十倍にも増大する。
乗り越えるとこうして大きなプレゼントが待っているのだ。
ああ、よかった! 私も一緒に安堵と喜びに浸った。

この地を購入して開墾し、スキー客を受入れる宿泊施設やまびこを経営した
その建物が残っている。
また、敷地3000㌶ 池には湧水が湧き、アオミズガエルや蛍が生息する。
どれだけキレイな水であるかわかる。

奥様は、障害を持った子ども達のために活用してもらいたい。と仰る。
子ども達が体験している時の目は、それはもう輝いていて
だから、なかなか体験できないだろう障害をもった子ども達のために
使ってもらえたら・・と。

それだけの素晴らしい自然があるのなら、放って置くのはもったいない。
私が!と言いたいところだが、購入できる資金力が無く(^^;
こうして紹介することで、心あるどなたかに繋がってくれれば・・と思っている。
170401_1431~001

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
障害理解の出前授業
NEW Topics
仲間の存在
応援の力
健康体操
人材塾 受講
スマホデビュー(^^;
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

niko2smile39

Author:niko2smile39
☆苦しんでいる方々が笑顔を取り戻すお手伝いをさせていただきたい☆


子供が2歳半から一人親として必死に走り続けてきました。
どん底も経験しました
でも、神様は越えられない試練は与えない!と奮起して、皆様の愛に支えられて今日まできました。

一度に大勢ではなく、個々人と『愛』を持って大切に接していきたいと思っています。
苦しみを抱えた方々の、乗り越えた後の笑顔を見ることは、この上ない喜びです。

震災2か月前に関東圏から仙台に移住し7年、更に2018.4青森県三戸町に辿り着きました♪

虐待や親との確執に苦しむ子供たちの拠り所となる場を作りたいと思っています。
子供達が輝いて生きていけますように。

web site:『笑顔が一番♪』
http://niko2smile39.wix.com/lastleaf

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR