FC2ブログ
2017. 01. 23  
『つながる、つなげるローカルメディア』
地域メディアネットワーク事業 トークセッションvol.1

『ローカルメディアのつくりかた』著書の景山裕樹氏と
ヨコハマ経済新聞編集長の杉浦裕樹氏と
地域メディアネットワーク検討会委員長の佐藤正実氏

キーワードが湯水のごとく出てくる。
  ***
  よそ者と地元の人が一緒になって
  「課題」を「宝物」にする機会=プロセスを作る

  地元の情報のストックとよそ者の掛け合わせ

  地元民とよそ者が話し合うこと・・これが大事

  しがらみがないので意見が言いやすい
  よそ者が我が者にならない礼節は必要
  寄り添えるよそ者になる

  何気ない日常が素敵に見える
  お互いの目線があると輝いてくる
  ***              等々  
PAP_1084.jpg
 ↑女性の板書、簡潔かつ見やすくて素晴らしい♪

大変有意義なお話の連続
皆さん編集をされている方々なので、言葉が美しい。
心地よさを感じながらあっという間に2時間が過ぎた。

私もこれから里山に『よそ者』として入っていく。
地元の皆さんに受け入れて頂けるよう、
そして、外から見てステキなモノ、ヒト、コトを
発掘して、発信していきたいと考えている。

締めくくりに、佐藤正実さんが引用した言葉
河北新報掲載の文章、ステキ過ぎる・・

  被災地は時間が早回しされ
  30年後、50年後の
  日本をあらわにした
  その創造は 間違いなく
  日本の未来を映し出す

  (2014.3.11河北新報 忘れないを行動に示そう)



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
『沈黙』鑑賞
NEW Topics
自殺対策計画策定研修会
論理的な話し方
毒を中和する(^^;
祭りの準備
精神科病院のない国
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

niko2smile39

Author:niko2smile39
☆苦しんでいる方々が笑顔を取り戻すお手伝いをさせていただきたい☆


子供が2歳半から一人親として必死に走り続けてきました。
どん底も経験しました
でも、神様は越えられない試練は与えない!と奮起して、皆様の愛に支えられて今日まできました。

一度に大勢ではなく、個々人と『愛』を持って大切に接していきたいと思っています。
苦しみを抱えた方々の、乗り越えた後の笑顔を見ることは、この上ない喜びです。

震災2か月前に関東圏から仙台に移住し7年、更に2018.4青森県三戸町に辿り着きました♪

虐待や親との確執に苦しむ子供たちの拠り所となる場を作りたいと思っています。
子供達が輝いて生きていけますように。

web site:『笑顔が一番♪』
http://niko2smile39.wix.com/lastleaf

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR