2018. 07. 15  
今週1週間、寝不足になりながらもはまった
『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命』30話超を一気観(^^;

何故引き込まれたか・・チームで乗り切る物語だったから。
ただ目の前の悪い部分だけ治すのではなく、
患者に寄り添って、助けたい!と願いながら治療する。

同期のチームワークが整っていく過程では
仲間を信頼し、患者家族から学び、失敗や
救えなかった命を目の当たりにしながら、
人の痛みのわかるドクターへと成長していく。

感動ものだった。
そして最後のナレーション

  一人では辛い暗闇を
  ともに歩ける仲間の存在を思い出してほしい
  求めるのは光そのものじゃない、
  光を一緒に探すことのできる仲間の存在だ
  それさえあれば歩き続けることができる
  だめなら向きを変えてまた歩き出せばいい 
  仲間とともに


力強いエール。胸に響く・・
20180530_201807150107043fa.jpg
スポンサーサイト
2018. 07. 13  
ふるさと納税の応援メッセージを全て読ませてもらった。
やっぱり「11ぴきのねこ」がダントツだけど、教育、医療、特産品にも。
その他のメッセージを最後に読んで、短い言葉だけどダイレクトに響いて、
胸が熱くなった。

私の志も、全国の方々から応援していただいて力を得ているけれど、
数ある市町村の中から選んでくれた皆さんがいることに感動を覚えた。
中にはお子さんの絵を同封してお礼状まで届くそうだ。
担当者が励みになると喜んでいた。

応援を力に、この町をもっと魅力ある町にしていきたい。
私もこの町を選んで移住したように、
多くの皆さんにも足を運んで感じていただきたい。
そのためにも頑張るぞ!と改めて心に誓う1日だった。

20180703④





2018. 07. 05  
待望の講座案内がきて、夜できる健康体操を申込み、
第一回目参加

もう10年続いている教室のようで、年配の方が多い。
皆さん身体も柔らかく、続ければ私も柔らかくなるかしら・・と
期待しながらついていく。

椅子に座りながらのストレッチは初めてだけど効果的!
運動が久しぶりでも翌日筋肉痛にならないのは
無理なくストレッチしてるからだろう。
でも股関節が固いのか、開脚前屈はまるで曲がらない(^^;
逆に背筋はあるみたい。

運動不足にならないよう、強制的に体を動かすためにと
参加した健康体操は、思いのほか体に優しく、
久し振りにいい汗をかいた。
20180703④
2018. 06. 30  
2018630.jpg

暑さを感じながらも、熱く対話の手法を学ぶ機会を得た。
まちづくり人材塾講座の1回目『対話による協働のまちづくり』
PAP_1147.jpg

三戸町と友都市のの牧之原市が多くのファシリテーターを育て、
まちづくりを積極的に行っているとのことで、学ばせて頂いた。

グラフィッカーという言葉を初めて耳にする。
イベントの企画運営をしてきた過去、絵が描けると伝わりやすいのにな
と絵心のない自分を恨めしく思ったものだが、
グラフィックが入ると親しみもわくし、一目瞭然。

要点をまとめるのは嫌いではないが、やっぱり文字ばかりより
伝わり方が違う!
描くコツを教わったけれど、これを日常的に使っていれば
掛けるようになるかしら・・

4つの班に分かれての対話・・意見を書き出し、まとめていく。
~7年後に地域に起きている出来事~
参加の皆さんは、まちづくりに関心のある方ばかりなので
意見がたくさん出てきて、うちの班はこんな♪
PAP_1146.jpg

そしてグラフィッカーの方がまとめるとこんなにステキに!!
PAP_1145_201806302254482ad.jpg

PAP_1144.jpg


意見を出しやすくするのもファシリテーターの準備や手法に
寄るところが多いそう。
地域をよくするには、一部の人達の主導ではなく、
皆が参加し意見を出し合うことが大事。
私が温めている案が行動に移せるよう頑張っていきたい(^^)



2018. 06. 30  
電磁波の低いPHSを愛用してきたが、いよいよサービス終了で
機種変をしなくてはならない状況に。

母は通話だけなのでガラケー、届いてからわかったことだが
ガラケーでもLINEが出来るらしい。

さてさて自分はスマホ。
日時や着信音など基本的な設定は終わった。
後は開通を待ち、電話帳を移せば使える・・・かな?!
遅まきながらのスマホデビューに、
わくわく半分 ドキドキ半分(^^;
20180530.jpg



2018. 06. 24  
田子町からの要請で、ゆるきゃら三戸町のねこと一緒に参加。
快晴の中、にんにくファンが続々と集まって来た。

掘り出し体験の受付も長蛇の列。
会場から畑まで少し離れているが、ゆるきゃらも頑張って行った。
 十和田ファミリーと
 十和田ファミリートパチリ 後ろはにんにく畑

ネコの手ににんにくの葉っぱを握らせ横で見ていたが
簡単に収穫できることを知った。
これは面白い!

沢山のゆるきゃらに子どもたちは大喜び。
その笑顔を見られて役得だった(^^)v
揃った~

美女に囲まれるネコ
  ↑美女に囲まれて嬉しそう♪




2018. 06. 20  
三戸町に移住してから食べ物の調達をどうしようか迷った。
ずっと生協だったが、近くにはない・・
そこで配達料は目をつむり、個別宅配に決めた。

この辺りを担当している女性から先日電話があった。
アンケートで共済のカタログを希望に〇をしていたようで。
その時に『やりたいこと』も話す流れになり(^^;
かなり興味を示してくれて、ブログも読みたい!との
嬉しい申し出に検索ワードを伝えていた。

靴を重複して頼んでしまっていて
両方持ち帰ったけど、1足届けてくださるとの電話。

初めてお会いする。
彼女は「思った通り優しい人」と言ってくださったが(^^;
どうやら彼女もサバイバーのよう。
頑張って働いているけれど、
きっと過去を昇華できていないのだろう。

心の純粋さは感じ取った。
今度お茶する時、過去への思いを塗り替える
サポートをしてあげよう♪

帰ったあと、サバイバーの子達と何か出来たらいいなあ
との想いが頭をもたげる。人の痛みをわかる子たち。
さて、何をしていこうか。模索が始まる。
20180616.jpg

2018. 06. 16  
4月まだ手が空いていた時、南部氏の歴史をwebで読んだ。
・・がたくさんの名前が次々出てきて頭に入らず、
紙媒体で読みたいと思っていたところに歴史講座があると知った。
歴史好きとしては行かねば!と、初めて図書館へ
PAP_1141 (2)

『南部家の騒動』と題して、年配の方のお話を聴講
一番後ろに陣取ったが、紙をめくる音で言葉を聞き取れなかったり、
ちょっとした音で途切れ途切れ・・・
人生の先輩方が多数おいでだったが、遠慮せず前に座ればよかった・・
毎月あるようなので、次回は前でしっかり聴こう!

図書館2
図書館に入る前のスペースに、馬場のぼる先生のコーナーが!

図書館
おみくじがあったり、撮影用に馬場先生のトレードマークの帽子とひげの
なりきり小道具が置いてあったり。 ステキ♪ 

どんな本があるのか見るだけと思って背表紙をみていたら
読みたくなって3冊借りてきた。
PCから離れて久し振りに本を読もう(^^)





2018. 06. 10  
地元企業の太子食品工業㈱のマッチデースポンサー
の試合が本日あり、応援に出掛けた。
JFL 1’st 第12節 ヴァンラーレ八戸vsヴィアティン三重
PAP_1141.jpg
初めてのサッカー観戦
既にあらゆる世代の方々がいらしてた。
風が強く少しひんやりしているからと、サポーターTシャツを
貸していただき、サポーター顔して芝生へ(^^;

ちゃんと指南してくれる人がいて、多種な応援を休みなく。
声を出し、応援歌を歌い、ツインメガホンで拍子をとる。
熱い!!

ただ座って観ているのとは違い、応援をすることが
こんなに楽しいとは知らなかった!
貴重な経験をさせてもらった(^^)
PAP_1140_2018061021045888f.jpg
 ↑奥に見える肌色の人はお相撲さんの仮装
   誘ってくださった某会社の社長さん(笑)



2018. 06. 02  
『中高大学生と 
 いろいろあったけど今が一番楽しい
          大人の対話の会@八戸』参加
PAP_1140_2018060220455368b.jpg

モチベーション線を入れ、下がった時、上がった時
何があったか、そしてそれから得た学びや気付きを記入
そしてグループ内で発表
それを人を変えて3クール行う。

不登校・いじめ 3クールで出会った高校生のほとんどが経験
中には学校を変えて学校生活が楽しくなった子も。
最初は隠していたことも、3クール目には、
それをも話せるようになっていると手をあげた子も。

大人も順風満帆で生きてきたわけではない。
モチベーションが下がる出来事もあり、
そこから上向きになるきっかけも
そんなことを繰り返して時を重ねてきた。

大人の話を聞き、高校生の皆さんはいろんな考えがあるんだ、
いろんな生き方があるんだと知る。
始まる前下を向いたり硬い表情の高校生が
終わった後は清々しく見えた。

そして大人もまた、今精一杯頑張っている高校生から
刺激を受けたり、自分の子供との関係を考えさせられたり。

このプログラムを考案した永井氏は
『誰もが誰かに喜ばれる世界をつくる』を理念とした会社経営者
もっともっと範囲を広げていきたいと意気込む。
とてもステキなワーク
お手伝いできることはさせていただきたい。

子どもたちの笑顔のために・・☆








プロフィール

niko2smile39

Author:niko2smile39
☆苦しんでいる方々が笑顔を取り戻すお手伝いをさせていただきたい☆


子供が2歳半から一人親として必死に走り続けてきました。
どん底も経験しました
でも、神様は越えられない試練は与えない!と奮起して、皆様の愛に支えられて今日まできました。

一度に大勢ではなく、個々人と『愛』を持って大切に接していきたいと思っています。
苦しみを抱えた方々の、乗り越えた後の笑顔を見ることは、この上ない喜びです。

震災2か月前に関東圏から仙台に移住し7年、更に2018.4青森県三戸町に辿り着きました♪

虐待や親との確執に苦しむ子供たちの拠り所となる場を作りたいと思っています。
子供達が輝いて生きていけますように。

web site:『笑顔が一番♪』
http://niko2smile39.wix.com/lastleaf

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR